日本で植毛手術を受ける割合は低い?

薄毛が気になってくると、ほとんどの人はかつらやウィッグなどの使用を考えるのが一般的です。あるいは、ドラッグストアなどで育毛剤を購入したり、髪に良いとされるスカルプシャンプーで頭皮を洗ったり頭皮マッサージなどをするくらいでしょうか。しかし、薄毛の改善法はそれだけではありません。自分の髪の毛を薄毛が進行している部位に移植する植毛も、発毛効果の点では非常に有効な方法とされています。一度手術をして発毛すればその後は自分の髪の毛として普通に扱うことができ、面倒なメンテナンスもないのが特徴です。また、もう二度度生えてこないのではないかとあきらめていた部位に再び髪を生やすことができるという点では唯一の方法でもあります。では、日本で植毛手術を行う人の割合はどれくらいいるのでしょうか。日本で移植手術を受ける人の割合は年間で30万人と言われています。薄毛に悩む人の人口が男性では4200万人ほど、女性では500~1000万人と言われているのに対し、非常に少ないことがわかります。植毛先進国であるアメリカでは、薄毛に悩む人の中で53%の人が改善法として移植手術を受けるというデータがありますが、日本におけるパー千展示はアメリカに比べて非常に低いことがわかります。それでは、日本での移植手術が少ない理由として考えられるのはどんなことでしょうか。まず第一に、費用が高額になるということです。植毛は保険適用ができないため費用は自由診療になります。発毛剤や育毛剤、シャンプーなどは高いものもありますが数千円から数万円もあれば購入できます。それに対し、移植手術を行うとなると最低でも50万前後と一回の手術であっても高額になることがほとんどです。そのため、なかなか手が出しにくいという人もいるのではないでしょうか。けれども、あまり盛んでなかった頃はどこのクリニックも費用が高かったですが、ここ最近は技術が進んだことで移植手術を行うクリニックの価格競争も相まって費用の安くなってきていることは確かです。それ以外に考えられることは、発毛するまでの期間が長いということです。発毛剤や育毛剤などは使用してから2~3ヶ月ほどで効果があらわれてきますが、植毛の場合はヘアスタイルを楽しめる長さになるまでには最低でも半年から1年はかかるといわれています。加えて、外科手術であるため、回復するまでに時間がかかったり仕事を長期間休まなくてはならないというイメージもあるのかもしれません。さらに技術が進み、費用が保険適用ができるようになればもう少し日本で移植手術を受ける人の割合も増えるのかもしれません。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

日本で植毛手術を受ける割合は低い?関連ページ