植毛とは?-色々な種類の手術がある。どれがいい?

植毛とは頭皮へ毛髪の植え込みを行なう施術法です。外科手術を伴なう医療行為になります。大きく分けると人工毛植毛と自毛植毛の2種類あります。人工毛植毛とは合成繊維から作成された人工毛を植え込む方法のことです。ポリエステルやナイロンなどを使った合成繊維から作られる人工毛を使うのです。植え込みに使う髪の毛の量と長さを自由自在に決めることができるので、1回の手術でほぼ自分のイメージ通りの髪型にすることが可能です。人工毛植毛は自分の身体以外の異物を頭皮に直接埋め込むのでトラブルが起きやすい方法だといえます。そのため年に1,2回はメンテナンスが必要です。また、もしも付け根部分で人工毛が切れてしまうと頭皮に人工毛が埋もれてしまうことになります。ここに細菌感染が起きると炎症とか化膿を引き起こします。最悪の場合にはこの周囲の髪の毛がもう2度と生えなくなることもあります。自毛植毛とは自分の髪の毛を移植する方法のことです。この方法では抜けにくい性質がある後頭部と側頭部に生えている髪の毛を頭皮ごと使って移植していきます。移植した髪の毛がそこに定着したら、ほぼその後の生涯に渡り生え続けます。たとえ抜けてしまったとしても自然な髪のサイクルに従って再び生えてきます。自毛植毛ではメンテナンスの必要がありません。自分自身の髪の毛を移植するため移植した辺りの髪の毛になじみやすく自然な感じに仕上がります。その手術の種類には単一植毛、スリット法やパンチ・グラフト植毛などがあります。単一植毛は採取した髪の毛を専用の植毛針を使って穴あけと植え込みの作業を同時に行なう方法でニードル法、ニードル式やChoi式ともいわれています。この方法では傷跡が目立たないようなメリットがあります。東洋人の黒くて太めの髪の毛に適しているので日本と韓国でのみ行なわれている方法です。スリット法は植え込みを行なう場所へメスによって切れ目を作ってピンセットを使って一株ずつ植えていくやり方です。角度や方向を調整するのが難しいので医師の実力によって仕上がりに差が出てきやすい方法なので経験豊富で実績のある医師に任せる方がいいでしょう。パンチ・グラフト植毛は特殊なメスを使って一度に2、30本の髪の毛を毛根ごとくり抜いて移植します。この方法では傷跡が残ったり生え際が不自然になってしまいます。そのためこの方法を改良してミニ・グラフト植毛やマイクロ・グラフト植毛といった方法が生み出されました。これらの方法ではより自然に見せるためにより細かい単位で髪の毛を移植します。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛とは?-色々な種類の手術がある。どれがいい?関連ページ