植毛をした場合の耐久性について

植毛というのは施術を1回行うだけで髪の毛を増やせるというのが特徴的ですが、耐久性についても理解を深めておくと施術後何かと安心できます。ではどのような植毛が耐久性が良いとされているのでしょうか。それは自毛を用いた方法で、患者の頭部からまだ現在薄毛になっていなくて、なおかつ健康的な髪の毛を採取し、髪の毛が薄くなって気になっているところに移植して発毛を促す方法が良いとされています。そもそも薄毛になりにくい部分というのは、薄毛を進めてしまうDHTという物質の影響をあまり受けない側頭部や後頭部のことで、この部分から頭頂部などに移植をします。わかりにくいのは、移植した髪が1ヶ月ほどすると抜け落ちてしまうということです。このため、逆に耐久性がないのではないかと思われますが、また2ヶ月後から3ヶ月後には一度抜けてしまったところから徐々に毛が生えてきて、10ヶ月から1年後には髪の毛の長さが10センチ程度に成長しています。なお新たに伸びてきた髪の毛はその他の髪の毛と同じようなヘアサイクルを実現できるようになります。このため、結果的に普通の髪の毛と同じ程度の耐久性を得ることができます。ただ、そもそも身体から生えてくる髪の毛というのは、老化とともに毛が細くなったり、薄くなってきます。このため、植毛した部分についても場合によって髪の毛が薄くなってくることがありますが、これはその原因が栄養状態もしくは老化によるものです。ここで薄毛になってくる原因が老化だけでなく栄養状態と言えるのは、30代や40代で髪の毛が薄くなるのは一般に比べてやや早いと思われるからです。しかもいきなりそういう症状が出るというよりは、20代のうちからなんとなく薄毛の予兆があるという場合が多いので、そのような症状が出たら早めに医療機関で治療を受けることをお勧めします。また若いころであれば治療薬や育毛剤である程度髪の毛の状態を回復できる可能性もあります。このため、まだ20代で若いのであれば髪の毛を増やすのに手軽に実践できるものから試してみると良いでしょう。それでもダメだったら最終手段として自毛を移植することを検討してみるようにしてください。ちなみに人工毛を移植する方法もあるのですが、耐久性があまり良くなく1年程度しか持ちません。そのため、あまりお勧めできません。絶対に抜けてしまうことから根本的な解決になりません。このような事情からできるだけ自毛で施術を行うようにしてください。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛をした場合の耐久性について関連ページ