自毛植毛におけるスリット法の特徴とメリットについて

植毛は人工毛を使用する方法と自分の毛を植え付ける方法の2種類がありますが、スリット法は自毛植毛の手法のひとつです。男性型薄毛を意味するAGAの治療法としてよく用いられ、後頭部などに残っている健康な毛根をドナーとして採取し、増やしたい部分に移し替えていきます。メスでスリット状に切り込みをいれていき、ピンセットでグラフトを移植させることからこの名称がついています。自毛植毛にはこのほかに専用パンチで毛包をひとつずつ採取していくニードル法がありますが、スリット法の最大のメリットは短時間で広範囲の植毛に対応できることです。顕微鏡で確認をしながらスリット状の帯をつくり、移植も手作業で行います。密度や場所によって株の多さを調節できるので、ボリュームをもたせたい箇所には多毛株、生え際には単毛株を使用することで医師の技術とセンスが高ければきわめて自然に仕上がる事が可能です。また移植元の毛が抜けるショックロスもほとんどなくてすみ、さらに肌の上に毛先が見えていない休眠期の毛根も活用できるのでドナーを無駄にしなくてすみます。自分の毛根を最大限有効に使えるスリット法の生着率は平均しても8割以上と高く、健康な毛根は場所を変えても正常に生育し続ける性質があるので、術後に特別なメンテナンスをする必要はありません。ニードル法よりも傷痕が目立ちやすいのが難点としてあげられますが、スリットを入れる位置や角度によってカバーすることができます。毛先に方向に多少ばらつきが出る傾向がありますが、入院しなくてもいい手軽さにくわえ工程も短く比較的低価格で抑えられ、欧米においてもポピュラーな施術して扱われている歴史が長いスリット法は安全性に優れています。場合によっては複数回に分け、段階的に移植する事も可能です。治療中は麻酔を使用するので特に痛みを感じることはありません。術後しばらくダウンタイムがありますが約2週間程度で発毛の環境が整い、大数か月から1年で生えそろいます。成年期以降で持病がなければ年代問わず受ける事ができ、定着させることができる可能性が高いのもこの手法の魅力です。健康な毛根が残ってる場合自分の毛を使って再生できるのが自毛植毛のメリットですが、スリット法は取り扱う専門外来も多いので治療が受けやすく、即効性はないものの対症療法である育毛や増毛と異なり、普通に生活ができ、ケアがいらない点もこの手法の魅力です。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

自毛植毛におけるスリット法の特徴とメリットについて関連ページ