白髪の人の自毛植毛って?

白髪の人でも自毛植毛はできますが、仕上がりの色に注意する必要があります。全体的にすでに白くなっているのならば、何も問題ありません。自毛植毛では後頭部や側頭部のDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けにくい部位からドナーを採取して、薄毛が進行している部位に移植します。この時、後頭部や側頭部の毛が白髪であれば、移植部位からも白髪が生えてきます。白髪になるかどうかというのは、メラノサイトの産出能力が残っているかどうかで決まります。メラノサイトによってメラニン色素が作られ、これが髪の色を決定します。黒髪の人であれば、メラニン色素によって黒色が決定されているわけです。すでに髪全体が白いのであれば、メラノサイトの産出能力が失われているということですから、移植後の髪も同様に白くなります。新たに植えたからといって、黒い髪が生えてくることはありません。逆に、もし後頭部や側頭部の髪が移植したい部位と違う色であれば、ドナー元の性質を引き継ぐ(ドナードミナントの法則)ので、色がちぐはぐになってしまう可能性があります。後頭部や側頭部の毛が白ければ、移植して再び生え変わる髪も白くなります。同様に、元が黒ければ後も黒い髪が生えてきます。なので、ドナー元と移植部位の髪の色が違う人は、仕上がりには気をつける必要があります。移植して髪が生えてきたけれども、マーブル状になって見た目が不自然になってしまった、などということもありえなくないからです。ただし、自毛植毛手術後は移植した毛の9割は抜け落ちて休止期に入ります。半年は毛根が頭皮の下で育つ時間で、半年くらい経つとやっと頭皮の上つまり毛幹が出てきます。それからしっかりとした太くて長い髪に育つまでにまた半年かかり、手術から1年かけてしっかりとした髪になります。なので、白髪がだいぶ進行しているという人であれば、1年後はさらに進行している可能性があるので、不自然さはなくなると考えられます。逆に、メラニン色素の能力が残っていて、移植部位とドナー採取の部位の色だけが違う場合には、仕上がりが違う色になってしまう可能性があります。髪の色は後で染めることもできるので、とりあえず白色でも黒色でも髪のボリュームが増えさえすれば良いという人は問題ないでしょう。自毛植毛の相場は薄毛の進行の仕方によっても違いますが、最も軽度でも60万円くらいかかりますし、中等度?重症であれば100?150万円はするので、慎重に検討しましょう。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

白髪の人の自毛植毛って?関連ページ