植毛|植手術方法には様々あるけれど、どれがいい?

薄毛で悩んでいる人にとって、画期的な方法として自毛植毛という手術の方法があります。薄毛を発症してしまう原因として多いものが、AGAという男性型脱毛症であると言われています。男性型脱毛症では生え際や頭頂部から薄くなっていきますが、後頭部などには髪の毛が残りやすくなります。そのために残っている自分の髪の毛を採取して、薄くなっているところに移植する手術を受けることが自毛植毛になります。植毛といえば人工毛を使用する方法もありますが、人工毛であれば自然のものではありませんので、抜け落ちてしまうと元に戻らないことや、伸びることによる一般的なヘアサイクルを生み出せないという問題点がありました。自毛植毛であれば移植して植え込むことができれば、通常の髪の毛のように自然に伸ばせることが可能になります。治療を受けるためのクリニックはいくつかの病院の中から、選ぶことが可能となっています。クリニックによって受けられる手術方法であったり、定着率に差がありますので慎重に選択することが大切です。代表的な方法としては、FUE法やFUT法、ストリップ法などがあります。世界的に普及している方法はFUT法と呼ばれるもので、定着率が高くて自然な仕上がりの髪の毛を手に入れることができます。毛包単位において株分けを行うことで、顕微鏡を使用しながら植え込んでいく方法でアメリカで開発された方法となります。FUT法を行っているクリニックでは、手術を受けるための費用の目安としては45万円から60万円ほどとなります。FUE法は極細タイプのパンチという機器を使用して、毛根をくり抜くことでドナーを採取します。メスを使用しないことから、手術後に縫合する必要がなくなりますので、採取を行った場所に傷跡が残らない点が特徴と言えます。FUE法はFUT法と比較したときには、毛根の切断率が高く、定着率が低いと言われていて、ドナーの採取に時間がかかってしまう方法と考えられています。クリニックによってはストリップ法や、単一植毛法を採用しているところもあります。治療を受けているシェアの多くを獲得しているアイランドタワークリニックでは、独自のi-ダイレクト法という方法が採用されています。i-ダイレクト法はFUE法を進化させたもので、通常であれば手作業によってパンチで毛根の採取を行うところを、電動パンチを使用することによってスピーディに毛根の採取が行えますので、移植にかかる時間を短縮できます。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛|植手術方法には様々あるけれど、どれがいい?関連ページ