植毛の種類│人工毛or自毛を使用する植毛の種類について

頭皮が薄くなってくることで悩んでいる人は、育毛剤や治療薬などを試している人が多いのではないでしょうか。薄毛の症状を改善できる方法としては、それら以外の方法として植毛があります。植毛は1つの種類ではなく、治療を行っているクリニックによって様々な方法が採用されています。大きく分けると人工毛を使うものと、自毛植毛に分けられます。人工毛を使用するものは、塩化ビニールやプリエチレンなどの素材を使って作られた人工の髪の毛を使用するもので、頭皮に本物の髪の毛と同様の角度で植え込んでいきます。1本ずつ植えていく方法となることから、慎重さや熟練度が求められるものとなりますが、個人に応じて髪の毛の流れや量を選択できます。人工毛である以上は自分の髪の毛とは異なり、抜け落ちてしまったときには再生ができません。途中で切れてしまう可能性もあり、頭皮に一部分が残ってしまうことから細菌が繁殖したり、炎症を起こす可能性があるためにメンテナンスを欠かさず行う必要があります。一方で、自分の髪の毛を取る必要性がないことから、後頭部などに傷が残る心配はないと言えます。デメリットとしては、自分の自然の髪の毛ではないために、拒絶反応などが起こる危険性がある点が挙げられます。自分の髪の毛を植え込む種類のものが、自毛植毛となります。薄毛の原因として多いものは、男性ホルモンの影響を受けるAGAであると言われており、AGAを発症しているときには生え際や頭頂部は薄くなっていきますが、側頭部や後頭部には髪の毛が残ります。残っている部分の髪の毛を外科手術によって、採取することで薄くなっている部分に移植していく治療法となります。自分の髪の毛を使用するために、人工毛のときのような拒絶反応が起きる心配はありません。後頭部などの部分を切り取るための手術を受けなければなりませんので、傷口を縫合する必要があり、傷跡が残る可能性が考えられます。自分の髪の毛を植えることから定着率が高い点がメリットで、一度植え込んでしまうと、その後抜けてしまうことになりますが、自然の髪の毛のように再び生えてきますので通常のヘアサイクルを手に入れることが可能です。男性ホルモンの影響を受けにくい部分の髪の毛を採用していることから、AGAによって再び薄毛になる可能性が低くなるために、自然な髪の毛を手に入れられる方法として注目されています。クリニックによってはメスを使用しない種類の方法が採用されているところもあり、切る必要がないことから縫合による傷が残る心配をなくすことが可能となっています。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛の種類│人工毛or自毛を使用する植毛の種類について関連ページ