植毛後のプロペシアの使用について

DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが増加し、作用することでAGAは発症し、薄毛は引き起こされます。そうした場合には植毛は一つの解決策となりえます。植毛をすることで薬の副作用などを気にすることなく増毛ができ、クリニックにもよりますが自然的に髪の毛のボリュームアップをすることも可能になります。その方法ですが、主に二種類があります。人工の毛を植える人工毛植毛と、あまり薄毛になりにくい部分、後頭部と側頭部の髪の毛を植える、自毛発毛の二つです。これらにはコストなどの違いがありますが、自毛の場合、人工毛とは異なって半永久的な維持ができ、メンテナンスの必要がないために、長期的に見ればコスト的に有利な治療法と言えます。また、後頭部、側頭部の自身の毛を受けるために、体の抵抗が少なく、人工毛に比べて髪の毛の定着も容易であるとされています。側頭部、後頭部の髪の毛はAGAの主要物質、DHTの影響も受けにくいので、一度治療すれば後顧の憂いなく生活できるといった良さも自毛植毛にはあります。その際、薄毛治療に使用していたAGA治療薬、例えばプロペシアなどは不必要になるようにも考えられますが、薄毛治療後も、プロペシアを使用し続けることには利点があるとされています。DHTの影響を受けない自毛治療の髪の毛には一見意味がないようにも思われますが、必ずしもそうではありません。プロペシアの使用を続けることで、自毛植毛した髪の毛にもさらなる改善が見られる場合があります。プロペシアはDHTを抑制し、抜け毛を少なくする作用があるので、治療した髪の毛が抜けにくくなるといった効果が期待できます。そうしたことで成長が見込まれ、長く太く伸びた髪の毛の定着がより長期的になる可能性があります。また、一度治療をした後にも頭皮全体にはDHTの作用が残り、髪の毛の成長を阻害し続けるため、DHTの影響を受けない自毛治療以外の髪の毛は、薄くなってしまう場合があります。その場合にプロペシアを使用し、DHTを抑制し続けることで頭皮全体の抜け毛を少なくし、自毛治療とそれ以外の髪の毛の差異をなるべく無くすことができるようになります。DHTの抑制のみでなく、発毛を促す治療薬、サプリなどと併用することで、治療した自毛、その他の髪の毛の成長を促し、よりボリュームのある頭皮に見せることができます。なので自毛治療後も、AGA治療薬を使用することには多くの利点があると考えられます。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛後のプロペシアの使用について関連ページ