植毛で起きるピットスカーについて

ピットスカーという言葉はあまり聞いたことのない人が多いのではないでしょうか。植毛手術を行ったときにできる傷跡のことであり、毛を移植した際に頭皮が凹んでしまい、アイスピックで刺したような傷跡が残ることで、複数の毛穴が凹んでいるとまるでみかんの皮の表面のようにも見えます。自然治癒することはないので、専門クリニックでくりぬくことで修正はできますがその後また傷跡が目立ってしまうことも考えられますので、再度植毛を行うかHARG治療などを行うのが良いとされています。ピットスカーができるのは、人工毛による移植を行ったときです。以前は、自毛による移植においても株を深く埋め込み過ぎてしまったり切り込みやホールの大きさよりもサイズの大きい株を埋め込むことによって起こることもありましたが、最近は技術の進歩により自毛による移植で起こることは少なくなったとされています。なぜ人工毛でピットスカーが起こるかというと、人工毛は頭皮にとって異物であるからです。自毛に結び付けたり編み込んだりしていく増毛と違い、植毛の場合頭皮に直接埋め込んでいくので、自分の細胞でない人工毛を頭皮に植え付けられたことによって拒否反応を起こしてしまいます。拒否反応を起こしてへこんでしまった頭皮はがちがちに硬直してしまうので発毛の妨げになります。また、一度できてしまうと治療が厄介になりますので薄毛が改善することなく進んでしまう一方となるのです。くぼんでしまった頭皮をごまかすためにまた人工毛による移植を行うとさらに拒否反応を起こしてしまい発毛どころではなくなってしまいます。すでにピットスカーができてしまった場合にはまず頭皮の治療から行い、それから薄毛の改善を行うことをおすすめします。人工毛による移植は、日本をはじめとするアジアやヨーロッパなどでは施術が行われていますが、こういった皮膚トラブルがあることから現在植毛先進国であるアメリカではすでに行われていない治療でもあります。せっかく薄毛を改善したいから移植を行ったのに、発毛すること自体が困難になってしまうのは治療したことを後悔することにもなりかねません。ピットスカーという後遺症を起こさないようにするためにも、人工毛ではなく自毛による植毛をするのが良いでしょう。自毛であればもともと自分の細胞なので拒否反応を起こすことが少なく、また自身の髪を発毛することが可能ですので、今度こそ本気で薄毛を改善したいと考えている人は専門クリニックで無料カウンセリングを受けてみるのはいかがでしょうか。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛で起きるピットスカーについて関連ページ