植毛の手術で年齢制限は設けられていません

薄毛の対策法としては様々な方法の中から選択することが可能ですが、直接的に薄くなっている部分に髪の毛を植える方法として植毛というものがあります。植毛は外科的手術を必要とするものとなりますので、何歳から手術を受けられるのか疑問を持つ人がいるかもしれません。植毛を検討する人の年齢層は40代が多いと言われていますが、最近ではAGAと呼ばれている男性ホルモンの影響を受けて薄毛になる、男性型脱毛症の症状を発症している人が増えていると考えられています。そのために早い人の場合であれば、10代や20代であっても薄毛に悩んでいる人は大勢います。若い年代であっても、薄毛の対策を行いたいというニーズは高まっていると言えますので、植毛の手術を受ける年齢に制限はないというのが正しいでしょう。クリニックによって手術の方法に違いがありますが、髪の毛を植えたいという希望を持っている範囲によって、大量の移植が必要になることも考えられます。そのために体力的な問題とも関係してきますので、カウンセリングによって医者と相談した上で決めるのが良いと言えるでしょう。種類によっては人工毛を使用するものもあり、その場合には老朽化や抜け落ちてしまうという問題があります。人工毛を植え込むことによって、抜けてしまったときには再び生えてくることはありませんので、複数回の手術が必要になる可能性が高くなるために、慎重に検討することがおすすめです。人工毛を使用する方法の他には、自分の髪の毛を移植する自毛植毛を選択することもできます。この方法であれば、自分の健康的な髪の毛を薄くなっているところに移植するものですので、抜け落ちてしまった場合であっても普通の髪の毛と同じように、再び生えてきてヘアサイクルを繰り返します。自毛を使用する移植手術を受けるときには、メスで頭皮を切り取るために傷跡が残ってしまうFUT法であったり、医療機器を使用して移植する毛根をくり抜く形で採取するFUE法などの方法を選択できます。FUT法は広範囲の移植に対応できると言われていますが、FUE法は1本ずつ毛根を手作業で採取をしますので、広範囲における手術ができないクリニックもあります。メスで切らない手術方法としてi-ダイレクト法と呼ばれているものがあり、FUE法を進化させたものと言えます。i-ダイレクト法の手術では電動の医療機器を使用して毛根の採取を行うことから、身体への負担を軽減させた手術を受けることが可能で、高密度の移植を実現できることで1回の手術だけで満足度の高い髪の毛を入手できると評判です。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛の手術で年齢制限は設けられていません関連ページ