何本くらい植毛できるの?

日本人の頭皮の1平方センチの平均密度は、頭頂部で200本、後頭部や側頭部は160~200本、前頭部は180本だとされているデータがあります。植毛にかかる費用は手術に必要な基本治療費と、移植する本数を合わせたもので算出されるため、移植本数が少なければその分費用も抑えられることがあります。しかし、しっかりと密度を十分に移植していかないと、髪の毛の髪の毛の間に隙間ができてせっかく移植したのに寂しい頭皮に仕上がってしまうので、密度に沿った本数を移植していくことが大切なのです。では、一度に植毛できる本数はいったい何本くらいなのでしょうか。一回に多くの本数を移植できれば何度も手術を受ける必要がないので費用が安くなることも考えられます。植毛技術が進んでいない頃は、一度に移植できる本数は何本くらいだかご存知でしょうか。株で言うと800グラフト、本数で言うと2000本が限界で、それ以上に移植する場合には何度かに分けて手術を行うのが普通でした。しかし、最近ではメガセッションやギガセッションと呼ばれる高密度の移植が可能になり、5000~1000本の移植が可能になりました。ただ、それだけ多くの移植が可能になったことは良いことなのですが、移植本数が増えればデメリットも存在します。高密度の移植によって考えられることは、移植した後、血流が悪くなり髪に十分に栄養や酸素が行き渡らなくなり定着率が悪くなって発毛効果が低下することが考えられます。また、本数の限界を超えたことで頭皮にかぶれや腫れなどの皮膚トラブルを起こす可能性が高くなります。加えて、移植を行っていない部分と移植をした部分の密度の差が歴然となり、不自然なヘアスタイルになる可能性もあります。そして、限界本数まで移植するということは、それだけ移植するためのドナー採取を自分の頭皮から確保しなければならないことであり、かなりの本数を頭皮から採取することで返って採取した部位の髪のボリュームが低下することも考えられます。このように、技術の進歩により多くの本数を移植することは実現できましたが、まだまだ問題は残されているのです。けれども、植毛は発毛剤や育毛剤であまり効果が得られなかった人にとっては有効な方法であり、もう生えてこないと諦めていたところに自身の髪の毛を発毛させるという点では唯一の方法でもあります。植毛手術を受けたことを満足のいく結果にするためにも、まずはどんなリスクやデメリットがあるのかもしっかりと理解しておく必要があるのです。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

何本くらい植毛できるの?関連ページ