植毛後のミノキシジルの使用について

植毛にも二種類の方法が存在します。人の手によって作られた毛を植える人工毛植毛、そして後頭部、側頭部などの男性ホルモンの影響を受けにくく、体が違和感を覚えにくい自身の毛を植える、自毛植毛があります。人工毛の場合はその植えた髪の毛を体が異物として扱うため、定着が難しく、時とともに抜け落ちてしまう場合も少なくはありません。ですが自毛の場合は自身の髪の毛を植えるために体の抵抗もあまりなく、また一度治療するとメンテナンスの必要もないので、そのために費用も安く仕上がるといった利点があります。定着も、人工毛に比べてしやすいともされています。その自毛植毛ですが、当然に自分の髪の毛を植えているために他の部位の髪の毛と同様に伸び、成長していきます。また、その髪の毛はAGAを引き起こす物質、DHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けにくい後頭部、側頭部の毛であるため、薄毛になりにくいといった特徴があります。メンテナンスが不要な点はそうしたところにあり、一度植えればDHTの影響に関わらず、髪の毛は太く長く成長していきます。その場合、髪の毛を植える前に使用していた薄毛治療薬、ミノキシジルなどは一見必要にならないようにも思えますが、必ずしもそうとは言えない部分があります。一般的に自毛植毛は特に薄毛になっている一部分に対し、行われるものであって、それ以外の髪の毛はDHTの影響下にあると言えます。そうしたとき、植えた自毛とそれ以外の髪の毛に成長の差異が生じる場合があり、見た目にもあまり美しくないといった状況もありえないことではありません。ミノキシジルを継続的に使用することで、自毛治療以外の部分にも発毛効果がおき、見た目にもあまり差が見られなくなる、という効果が期待できるようになります。ですので、自毛を植えた後にも、ミノキシジルを使用することはけっして無駄ではないと言えます。また、自毛した髪の毛にミノキシジルを使うことも、ケアとしては有効になります。自毛治療した髪の毛はDHTの影響を受けず、自力でも十分に成長しますが、その成長をさらに促すためにも、ミノキシジルの使用は有用な手段となりえます。血行を良化させ、頭皮の奥の細胞を活性化させることでさらなる発毛が期待できるので、自毛治療のサポートとしてはふさわしい治療薬と言えます。単体での使用では効果を発揮するのは難しいかもしれませんが、他の治療薬などと組み合わせることで、頭皮全体の発毛を十二分に促すことができます。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛後のミノキシジルの使用について関連ページ