植毛とくせ毛について

後頭部や側頭部等、髪の毛がしっかりと残っている部分から、髪の毛を採取し、髪の毛が少なくなってきている部分に植えていく方法が、自毛植毛です。髪の毛を採取する部分は、頭皮から切り取っていく事になるので、その後、縫合の跡が残る事になりますが、髪の毛が薄くなってきた部分に植えた髪の毛は、そのままそこで本物の髪の毛に変わっていく為、メンテナンス等をしなくても、自然に成長を続けてくれる事になります。かつらや増毛等、人工の毛で髪の毛が薄い部分を誤魔化す事を考えた場合、人工の毛は成長しない為、常にメンテナンスをしていなければ、不自然な状態になるという事も少なくありません。ですが、本人の毛を植えた場合、その毛は本物の毛になる為、何もしなくても、半永久的に良い状態を維持する事が出来ます。更に、本人の毛を植えるメリットに、その人の毛質をそのまま引き継ぐ事が出来るという事があります。髪の毛というのは、人によってくせがあり、まっすぐの人もいれば、くせ毛の人もいます。ですから、髪の毛を植えたいと考えた場合、同じくせのある毛でなければ、その部分の見た目が異なる状態になってしまいます。異なる毛質を誤魔化したいと考えたら、常に細かいスタイリングが必要になります。それに対して、本人の髪の毛を植える場合、髪の毛のくせもそのまま引き継がれる為、植えた部分の毛だけ、周りの毛質とは異なり、不自然に見える、違う髪の毛に見えるという事はありません。ですから、本当に自然な見た目を手に入れる事が出来ます。ただ、植毛をした事によって、元々、真っ直ぐな毛だったのに、植えた部分の毛だけ、くせがついてしまうという事があります。ですが、これは、最初に植えた髪の毛が抜け落ちた後、新たに生えてくる毛がくせになりやすいだけで、その後、徐々に髪の毛は落ち着いていく事になります。その為には、くせ毛になった事を誤魔化すために、すぐに縮毛矯正をする等、頭皮に大きな負担がかかる事はせずに、良い髪の毛が育ちやすい状態を作っていく事がお勧めです。もしくは、施術を受ける前に、今まで施術を受けて、くせ毛に変わったという声がないかどうかを、確認しておく事も有効です。それにより、施術後の状態に悩まされない植毛の施術を受ける事が出来ます。本人の髪の毛を植える施術の場合、採取した部分の髪の毛の性質を、そのまま引き継いだ髪質の毛が、そこから生えてくる事になります。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛とくせ毛について関連ページ