自毛植毛を受けて後悔する場合としないためには

自毛植毛は、後頭部や側頭部などのAGAによる影響があまり受けない場所から、毛包を希望の部位に移植する方法です。自分自身の細胞を移植するため、拒絶反応などの心配もあまりなく、生着率が高く、基本的にメンテナンスがいあらない方法で、自然に仕上げることができます。一見いいこと尽くめのような気もしますが、手術の特徴の知識を理解していない場合には、後悔する可能性もでてきます。まず、自毛植毛をする場合には、必ず自分の頭皮からドナーを採取しなければいけないのですが、ドナーが採取された部分に傷跡が残ってしまうため、傷跡が気になって後悔する人がいます。ドナーの採取方法は基本的に、毛包部分を帯状にドナーとして切り取り、切り取った後の傷口は縫い合わせる方法のFUT方式、毛包部分をパンチによりくり貫いて摂取し、くり貫いた部分の傷口は縫合せずに自然に治るのを待つ、メスを使わないFUE方式があります。FUT方式では、一本の縫い合わせた傷跡が残り、数ヶ月で目立たなくなりますが、傷口の周辺の毛まで縫合の際に巻き込んでしまうと、帯状の毛がない状態の部分ができてしまう場合があり、経験によって傷の大きさなどが変わってきます。FUE方式の場合、薄毛がかなり進行していると、多量の毛包を摂取しなければいけないため、後頭部周辺に多量の小さな傷ができて、それが気になってしまう場合があります。また、火傷の傷跡に自毛植毛する場合、火傷などの傷跡にも施術することはできますが、傷跡部分の皮膚が硬くなっていると毛包を移植するための針自体が刺さらなくて、施術ができない場合もあり、普通の薄毛と比べると、生着率が落ちてしまうこともあり、また、自分の毛で移植する自毛植毛は、移植することができる毛の密度に限界があるため、傷跡部分の毛の密度を他の部分と同じようにするためには限度があるため、希望に添った移植をすることができない場合があり、患者の満足度が落ちてしまいます。クリニックの選び方によって、後悔してしまう可能性は減らすことができます。実績があるか、事前に詳しい説明が行われるかどうか、カウンセリングや相談を受け付けているか、料金設定が明確化、術後のアフターフォローが充実しているか、以前施術を受けた患者さんから信頼を得ているかなどの点に注意してクリニックを選べば後悔してしまうリスクも減らすことができます。自毛植毛は安全性が高いといわれておりますが、外科的な手術のため、術後に後悔しないようにクリニック選びなどは慎重に決める必要があります。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

自毛植毛を受けて後悔する場合としないためには関連ページ