切らない植毛法とはどんなもの?

植毛手術の一口に言っても実は大きく分けると2種類に分けられることをご存知でしょうか。一つは、一般的な外科手術を同じメスを使用して行うFUT法です。一方、切らない植毛手術として評判が高いのはFUE法と呼ばれるものです。まず、切る方法であるFUT法はスリット法とも言われて、移植する髪の毛を採取をするところから異なってきます。後頭部や側頭部などの男性ホルモン受容体がない部の髪の毛を皮膚ごと帯状に切開して取り除きます。切開する帯状の皮膚片の幅や長さは、移植本数によって変わってきますが、それをいくつかの株に切り取ったものを、今度は薄毛が進行している頭頂部や前頭部などの薄毛が進行している部位に小さな切込みを入れながら埋め込んでいきます。帯状に切り取った部位の皮膚は、縫合して閉じていきますが、傷跡として残ってしまう可能性が高く、短めのヘアスタイルにすると白く浮き出ているのが目立ってしまうのがデメリットと言えます。そして、切らない植毛法であるFUE法は、ダイレクト法とも呼ばれて移植する髪の毛を採取する時もメスを使用しません。FUT法と同じく、男性ホルモンの作用の影響を受けにくい後頭部や側頭部の髪の毛を短く刈り上げて、医師が目視で直接ドナー採取を間引いていき移植する髪の毛を確保していきます。それを薄毛が進んでいる部位に小さな穴を開けながら埋め込んでいく方法です。FUT法のようにメスで切開しないので傷跡が残りにくく、また回復を早いことが特徴です。移植するドナー採取はあまり触れると生着率が悪くなってしまうのですが、FUE法なら株分けをする必要がないのであまりドナー採取に触れることなく移植できるので生着率が高いのがメリットです。しかし、ドナー採取を採っていくときに、その部位を短く刈り上げてしまうため、どこの部分の髪の毛が十分な長さになるまでそのままにしておくのは周りからも目立ちますし不自然に見えます。そのため、手術を行うクリニックでその刈り上げた部位に合わせたヘアシートを作成する必要があります。かつらやウィッグなどを作るよりは安価で作れるのですが、やはり費用が気になるという人は、あらかじめ刈り上げないでもFUE法で植毛が出来るクリニックを選ぶのも良いかもしれません。クリニックによっては、刈り上げずにFUE法を行ってくれるところもありますので、事前のカウンセリングで相談するのも良いでしょう。植毛クリニックとして評判の良いアイランドタワークリニックでは相談に応じて刈り上げないで手術を行ってくれるかもしれませんので、まずは無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

切らない植毛法とはどんなもの?関連ページ