植毛と自毛|植毛の施術方法はクリニックによって違う

薄毛の症状を発症している人は、年齢に関係なく増えていると考えられています。薄毛の改善法というと育毛剤や育毛シャンプー、病院で処方が受けられるAGA治療薬を服用する方法などがありますが、専門的なクリニックでは植毛の手術を行っているところも存在しています。髪の毛を薄くなっている部分に植え込む改善方法となりますが、ナイロンなどで作っている人工毛を使用するところと、患者自身の髪の毛を採取して植え込む自毛植毛の方法が代表的な治療法となっています。人工毛は体に合わないときに拒絶反応が起きてしまうことや、抜けてしまうという問題がありますが、自毛植毛であればそのような心配をする必要がなくなります。自毛植毛の手術が受けられるクリニックは増えている傾向にありますが、クリニックによって手術の方法に違いがあります。手術の種類の違いとしては、ドナーという移植する髪の毛の採取の方法と、植え込む株の作り方が違うもの、移植する髪の毛の植え込み方が違いものがあります。近年の男性が発症している薄毛は、男性型脱毛症という症状のものが多いと言われています。男性型脱毛症は男性ホルモンの影響を受けて薄毛になるもので、側頭部や後頭部は影響を受けにくいために薄毛にならずに残っているという特徴があります。ストリップ法と呼ばれているFUT法は、世界的に主流の方法ということができるもので、日本国内にあるクリニックでも多くの場所が採用しています。FUT法では後頭部にメスを入れることで、髪の毛の束を切り取り、切り取った頭皮を1本から4本の株に分けます。髪の毛が薄くなっている部分に切り込みを入れることで、分けた株を植え込む手術を行います。近年増えている自毛植毛の手術法としては、FUE法と呼ばれているものもあります。FUE法であれば移植するための髪の毛を直接的にくり抜いて採取しますので、株分けをする必要がなくなります。移植を行う部分にホール穴を作って、採取した髪の毛をホール穴に植え込んでいく手術法となります。FUE法を進化させたものが、アイランドタワークリニックで採用されているi-ダイレクト法です。i-ダイレクト法では一般的なFUE法で行われているよりも、極細のホール穴を作ることができるために、高密度での移植が可能となります。少ない手術回数で高密度の移植ができることから、自然に近い髪の毛の流れを実現できます。患者の頭皮との相性によっても、どこのクリニックの方法が良いのかの判断が変わってくると言えますので、手術を受ける前に無料のカウンセリングを受けておいて決めることがおすすめとなります。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛と自毛|植毛の施術方法はクリニックによって違う関連ページ