植毛方法と種類&流れについてまとめて解説サイト

植毛の方法には、大きく分けると、自毛を使うものと、人工毛を使うものがあります。人工毛を使う場合には、ナイロンなどの合成繊維で作った毛を頭皮に植え込む方法です。毛の長さや量も自在で、髪の毛の量も限度がないため、好きな量だけ移植することができます。しかし、もともとからだになかったものを植え込むため、拒絶反応を起こす可能性もあり、また、髪の毛が伸びないため、汚れが蓄積しやすく、感染症を引き起こすこともあります。また、定期的なメンテナンスも必要となるため、維持費も高くなってしまいます。自毛を使う場合は、薄毛を誘発する男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部や側頭部から毛髪組織を移植します。定着率も95%ととても高く、髪の毛も毛周期に合わせて伸びるため、メンテナンスも必要ありません。ただし、自分の髪を使うので、広範囲の薄毛の場合にはむいていないということと、植毛したからといってすぐに生えてくるわけでもないため、生えてくるまでの間はかつらや帽子などで隠す必要があります。自毛を使う場合には、施術の方法にも種類があります。まず、FUTは、毛包単位で植え込む方法です。生えている毛は、1本ずつ均等の間隔で生えているわけではなく、毛根から束になって、1から4本くらい生えていて、そのままの状態の毛包単位で移植する方法で、自然な仕上がりをすることができます。FUEは、後頭部からドナー株を採取するために、直径一ミリ前後のパンチで毛根をくりぬき、移植します。狭い範囲で少量のドナーですむケースや、皮膚の緊張が強くて余裕がないケースなどに利用しますが、広範囲の移植をするには不向きです。ニードル植毛は、植毛針を使用して、穴あけと植え込みを同時に行います。仕上がりは綺麗ですが、広範囲の植え込みの場合には、針のサイズにあった性格なドラフトを数種類用意する必要があり、株分けに時間を要するため、広範囲に植えることは難しいです。利用する際には、まず、カウンセリングをして、問診票の記載、現在の頭皮の状態を写真撮影をし、医者による診察を行い。カウンセラーにより具体的な手術の流れや詳細、費用の説明や一人ひとりに合わせた頭皮ケアや日常の注意点やアドバイスをしてもらうことになります。治療をする前に、麻酔を用いるため、血液検査を行い、同時に感染症の確認などもします。その後、現在の状態に合った手術をすることになります。植毛を利用する際には、それぞれ特徴があり、自分にあった施術を主治医と相談することも大切です。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛方法と種類&流れについてまとめて解説サイト関連ページ