植毛とヘアスタイルについて

植毛とは、髪の毛が薄くなってしまった部分に1本ずつ髪の毛を植えていく方法です。頭皮に直接植えていく為、すぐ近くで見られても、頭皮から直接髪の毛が生えている状態となる為、不自然な見た目になる事はありません。ただ、植える髪の毛の種類によって、その後の髪型に影響が出てくる事があります。手軽に多くの本数を増やしたいと考えた時に有効なのが、人工の毛を植えていく方法ですが、人工の毛というのは、植えた後、成長をしない為、周囲の本物の毛が伸び始めると、人工の毛だけがそのままの状態となり、違和感を感じやすい状態となります。ですから、定期的なメンテナンスが必要になります。更に、成長をする事がないので、植えた後の髪型には多少の制限がかかる事になります。それに対して、本人の毛を植える植毛の場合、植えた髪の毛は、そこで本物の髪の毛へと変わり、定着していく事になります。本物の髪の毛ですから、抜けてもまた生えてくる上に、周りの毛と同じように成長をしていきます。ですから、様々なヘアスタイルを手軽に楽しむ事が出来るようになります。ただ、本人の毛を植えていく為には、後頭部等、髪の毛がしっかりと残っている部分から髪の毛を採取していく必要があります。その際、後頭部の一部を切り取り、縫合していく事になる為、後頭部に傷跡が残る事になります。髪の毛に隠れた状態となれば、殆ど目立つ事もない程度の傷ですが、坊主やベリーショートにすると、その傷が見える状態になってしまいます。ですから、本人の髪の毛を植えた場合、ある程度の長さ以上の髪型は自由に楽しむ事が出来ますが、極端に短い髪型をしたいと考えた時に、その傷が出てくる可能性があります。現在は、小さな丸い穴程度の傷しか残らない方法で、髪の毛を採取していくという方法もあります。この場合、後頭部などに、複数の小さな傷が残る事になりますが、皮膚を切り取り縫合をした場合よりも、とても短い髪型を選んでも、その傷が殆ど目立たない状態となります。ただ、小さく頭皮を繰り抜いていくという方法は、それだけ毛根等を傷つけやすい状態となります。それよりも、まとめて頭皮を切り取る方が、綺麗に毛を採取可能で、植えた後の定着率も良い状態となります。ですから、その後の事も考えて、採取法を選ぶ事が大切です。植毛をした後、様々なヘアスタイルを楽しみたいと考えるのであれば、本人の毛を植えていく方法がお勧めです。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛とヘアスタイルについて関連ページ