植毛にヘアシートって必要なの?

手術法によっては、植毛手術後にヘアシートを作成をする場合があることをご存知でしょうか。植毛は後頭部や側頭部の男性ホルモンの影響を受けにくいとされる髪の毛を採取し、それを薄毛が進行している頭頂部や前頭部に植え付けていく外科手術です。発毛率が高く、もう二度と生えてく来ないのかと諦めていた場所にも再び生やすことができるのを期待できるという点では唯一の方法であり、年間30万人近くの人が移植手術を受けて薄毛を改善しています。植毛には大きく分けて2種類の手術法があり、中でもメスを使用しないで移植手術を行うFUE法の場合、移植するドナー採取を確保するときにその部位の髪の毛をバリカンなどで短くしてから採取していきます。手術を受けるクリニックによっても異なりますが、3センチ未満まで短くするところもあり、明らかに普通の長さの髪の毛と比べるとツートンになってしまいます。私服で仕事のできる人なら、その部位の髪の毛が生えてくるまでニット帽などかぶって隠しておくことが可能ですが、スーツ姿で仕事をするサラリーマンの人はそうはいかない人も多いことでしょう。かといって何もせずにそのままにしておくのはおかしいですし、かつらやウィッグで隠すにしても一からオーダーメイドで作るとするとまた費用がかさんでしまうことが難点です。そのために、植毛クリニックではあらかじめ刈り上げた部位を隠すためのヘアシートを一緒に作成していきます。ヘアシートとは、あらかじめ人工毛が移植されているシートで、増毛法などでも見かけることがあります。まず、専門のデザイナーさんが剃毛した部分サイズに合わせてヘアシートをカットしていき、ヘアシートのネットを自毛の隙間に編み込んでいったら固定してきます。簡単に外れることがないようにしっかりと固定していき、最後は自分の髪の毛とシートの人工毛のバランスを整えてカットしたら終了です。3週間ほど度で緩んでくるのでその都度定期的なメンテナンスが必要になります。費用はクリニックによって異なりますがだいたい5万店程度でできますので、かつらやウィッグを作るよりは安く済みますし、1ヶ月ほどしてその部位の髪の毛が十分に生えてきたら必要がなくなるので外しても問題ありません。もちろん、無理に作る必要はありませんが自分の頭にサイズに合わないウィッグを使うよりは外れる心配もなくより自然に仕上がりますので、植毛手術と一緒に作成しておくことをおすすめします。

 

傷跡の目立たなさで選ぶなら|アイランドタワークリニック

自毛植毛の手法にもいろいろな種類があります。
植毛をお考えの方にとって、重要になるポイントが”仕上がりのナチュラルさ””傷跡の目立たなさ”など、いかに自然な感じで薄毛を解消出来るかという部分になるかと思います。
アイランドタワークリニック独自技術の「i-ダイレクト法」はこの点が良いということで選ばれているようです。

アイランドタワークリニック
⇒【自毛植毛国内シェアNO.1】アイランドタワークリニックを詳しく見る!

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛にヘアシートって必要なの?関連ページ