自毛植毛の手術方法にはfut法というものがあります

日本の様々な地域には、髪の毛が薄くなっていくことに悩んでいる人が大勢います。薄毛の進行を食い止めるためには、育毛剤や増毛サロンに通う方法など様々なものを試したことがある人が多いかもしれませんが、最近注目されている方法として自毛植毛があります。自毛植毛とは、自分の残されている髪の毛を採取して、薄くなっている部分に移植する治療法のことを指します。植毛には人工毛を使用する方法もありますが、人工毛であれば体が異物と判断してしまうことから、拒絶反応が起きて抜けてしまう可能性があります。しかし、自毛植毛であれば自分の髪の毛を使用することになりますので、拒絶反応が起きるようなデメリットはありません。最近多くみられる薄毛の特徴として、AGAがあります。AGAは男性ホルモンの作用によって薄毛が進行してしまう症状で、後頭部や側頭部は男性ホルモンの影響を受けにくいという特徴を持っています。つまり、薄毛の原因がAGAであるときには、後頭部や側頭部に髪の毛が残っていることが多く、その部分の毛根を採取すれば、男性ホルモンの影響を受けにくい髪の毛を増やすことが可能になります。髪の毛の採取を行って移植する治療が受けられるクリニックは、日本全国に様々なところがあり、クリニックごとに採用されている方法が異なります。日本のクリニックの中でも採用しているところがあり、世界的な主流と言える方法がfut法です。fut法では後頭部にメスを入れて髪の毛を帯状に切り、株分けを行ってから、薄くなっている場所にスリットを入れてから、切り分けた毛根を植え込む方法となります。fut法を採用しているクリニックとしては、紀尾井町クリニックやヨコ美クリニックがあります。毛包の単位で髪の毛の株分けを行う必要があることから、顕微鏡を使用しながら髪の毛を植えていく方法になります。ウェルネスクリニックではPNH法、紀尾井町クリニックではNHT式と呼ばれています。fut法の特徴は自然な仕上がりが実現できることと、定着率が高いことが挙げられます。自毛植毛の分野において、定着率や見た目の自然さの部分で高い質を保てる方法と言うことが可能で、髪の毛を1本ずつの単位ではなく、毛包単位で植え付けることでそれが実現できます。手作業によって自毛を植え込んでいくことになりますので、高密度の移植が可能です。自毛を植え込みますので、定着した後には自然の髪の毛と同じように抜けてから、また再び生えてくる髪の毛を手に入れることができます。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

自毛植毛の手術方法にはfut法というものがあります関連ページ