植毛するならfue法が今1番の注目植毛方法らしい

植毛というと、必ず傷跡が残ると思われている人は多いのではないでしょうか。外科手術であるため、メスを使用して切開するのは普通です。確かに、一般的な移植手術であるfut法、あるいはスリット法といわれる手術方法で行う場合には傷跡が残ると思ってよいでしょう。fut法は後頭部や側頭部のドナー採取を採る場所と、移植する場所と両方に傷跡が残ります。術後傷跡が回復しても白く残ってしまうので、あまり短い長さのヘアスタイルだと目立ってしまう可能性も高くなります。傷跡が残るのには抵抗があるから、植毛は受けたくないと考える人もいるかもしれません。そんな人には、傷跡が残りにくいfue法をおすすめします。fue法は、本来なら必ず使うものであるメスを使わずに行う手術方法です。メスを使用しないということは切開することもないので傷跡がほとんど残らないということなのです。では、どんな方法で移植手術を行うのでしょうか。クリニックによっても異なりますが、ほとんどの場合、まず移植する髪の毛を採取する場所である後頭部や側頭部などの髪の毛をバリカンなどで短く刈り上げていきます。その後、医師が目視で直接ドナー採取にする髪の毛を間引いていきます。移植専用のチューブパンチを使うこともあります。そして、採取した髪の毛を薄毛が進行している頭頂部や前頭部などに小さな穴を開けて埋め込んでいきます。全く切開をすることなく移植していきますので、傷跡が残らないのは当たり前ですね。小さな穴を開けて移植した部分が出血したりしますが、いずれかさぶたとなりますし毛穴と同じくらい小さな穴なのでまず目立たないと考えて良いでしょう。このfue法であれば、傷跡を残すことなく移植手術を受けることが可能です。加えて、通常のfut法の場合には帯状に切開した皮膚片ごとの髪の毛をいくつかの株に切り分ける必要があるのでどうしても細胞に触ってしまうことは否めませんが、fue法の場合はほとんどドナー採取に触ることがなく移植ができるので頭皮への生着率も高くなります。ただ、ドナー採取を採るときに刈り上げてしまうのが嫌だという人もいます。かなり短く刈り上げてしまうので、十分な長さに伸びるまで隠したりごまかす必要があるのが面倒でもあります。クリニックによっては相談に応じてあらかじめ刈り上げずに移植手術を行ってくれるところもありますので、そういったクリニックを探して手術を行うのが望ましいでしょう。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛するならfue法が今1番の注目植毛方法らしい関連ページ