植毛しても美容院には行ける?いつもの所で大丈夫?

植毛手術は、もう生えてくることが期待できないと諦めていた薄毛の部位にも、再び髪の毛を生やすことができるという点では唯一の方法です。植毛の中でも自毛による移植法は、自分の後頭部や側頭部などの薄毛でない部位から皮膚ごと髪の毛を採取して薄毛が進行している頭頂部や前頭部に植え付けていく方法です。もともと自分の髪の毛であったものですから、頭皮の生着率も高く、一度発毛してしまえばあとは周囲の髪の毛と一緒に毛周期を繰り返していきますので、定期的に何かメンテナンスをする必要はありません。しかし、だからといって何をしてもいいということではなく、頭皮や髪の刺激になったりダメージを受ける可能性があることは、薄毛を改善したいのであればなるべく避けた方が良いといえるでしょう。例えば、男性の中でも美容院でのカラーリングやパーマをお洒落の一環として楽しんでいる人が多いですが、実は頭皮や髪の毛にはあまり良くない刺激でもあります。一度でもカラーリングやパーマを体験したことのある人はご存知でだと思われますが、独特なつんとしたにおいのあるアルカリ性のパーマ液やカラーリング剤というのは、髪の毛のキューティクルを傷めてしまう恐れがあり、何度もカラーリングやパーマをするために薬剤を髪や頭皮に着けることで、コシやハリのない弱弱しい髪しか生えてこず、最悪の場合発毛の妨げになってしまうこともあります。クリニックによっても異なりますが、植毛手術後最低1ヶ月は美容院でのカラーリングやパーマを避けるように指示されると思われますが、本当に発毛させたいのであれば今後はカラーリングやパーマはなるべく極力しない方が良いでしょう。また、カラーリングやパーマに限らず、ヘアスプレーやヘアワックスなどの整髪料の使用もあまり良くないとされています。ほとんどの整髪料には化学成分が含まれているので、頭皮や髪の毛にダメージを与えることが考えられるからです。どうしても使用したいのであれば使用後は必ず成分をしっかりと落とす必要があり、少しでも残っていると毛穴が詰まって発毛の妨げになることがあります。確かに、美容院でのカラーリングやパーマはお洒落な男性にとって欠かせない習慣かもしれませんが、却ってその習慣が薄毛の助長してる可能性も高いのです。そのため、今度こそ本気で薄毛を改善したくて植毛手術を受けたのであれば、なるべく頭皮に刺激になるような行為は避けるに越したことはないといえます。どうしてもカラーリングやパーマがしたい場合には、手術を受けたクリニックで相談してみるのも良いでしょう。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛しても美容院には行ける?いつもの所で大丈夫?関連ページ