植毛|agaが進行しているときは自毛植毛という選択

薄毛の進行は加齢と共に悩みが大きくなるイメージがありますが、最近ではagaが進行することによって若い年齢のうちからも薄毛になっている人が増えています。agaを改善するためには専門的な病院にいって、治療薬を処方してもらう方法もありますが、大きな効果が得られないときには植毛の手術を受けるという選択も考えられます。植毛には人工毛を使用する方法と、自分の髪の毛を移植する方法があります。人工毛を使用するときには拒絶反応などが起こってしまう可能性があることから、自毛植毛の方法が注目されています。agaが進行している場合であっても、男性ホルモンの影響を受けにくいとされる後頭部や側頭部には髪の毛が残ることになります。その部分から手術によって毛髪を採取して、薄くなっている部分に植え込むことで髪の毛を増やす方法です。自毛植毛の手術を受けるときには、クリニックごとに採用されている手術の方法が異なることから、事前に情報を集めておくことや、無料のカウンセリングを受けてから治療を受けるクリニックを決めるのがおすすめです。人間の髪の毛は1つの毛根から複数の髪の毛が生えているものとなりますので、まとまった髪の束のことを毛包と言います。毛包の単位で植毛する方法のことを、FUT法といい、顕微鏡を使用して行う移植手術となります。FUT法では仕上がりが良くなることから、自然な髪の毛と区別がつきにくいと言われています。FUT法はアメリカで開発された方法で、現在では日本人の頭髪と相性が良くなるように改良が重ねられています。毛髪単位で採取を行う髪の毛の株のことを、グラフトという言い方をしますが、手術によって切り取ったグラフトを最も適している部分に移植することで、髪の毛のボリュームを出すことが可能となります。手術を受けるときには、定着率も大切なポイントとなり、クリニックを選ぶときにはどの程度の定着率を実現しているのかについても確認しておく必要があります。クリニックによっては、95%を超える定着率を実現させているところもあります。現在のFUT法では従来までの手術とは異なり、日帰り手術が可能となっているために、入院する必要はありません。手術を受けた後には通院する必要性はなくなりますが、アフターケアが充実しているクリニックを選択しておいたほうが安心して治療が受けられると言えます。手術を受けることに不安を持っている人の場合には、メスを使用することなく髪の毛の移植をしてくれるFUE法を採用しているクリニックを選ぶことがおすすめとなります。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛|agaが進行しているときは自毛植毛という選択関連ページ