自毛植毛後のアフターケアについて

薄毛の気になる部分に自毛を移植することで、髪の毛の密度を調節し、若い頃のようなフサフサな状態にしてくれる自毛植毛は、確実に髪の毛を増やすことのできる方法です。特に男性型脱毛症では前頭部と頭頂部がハゲてしまっているのに対し、側頭部や後頭部が残っているので、全体的なバランスがとりやすく効果も出やすいと言われています。移植するのは毛髪だけでなく、髪の毛が生える大もととなる細胞なので、移植してしまえばそのまま髪の毛が伸びるようになります。また、薄毛の影響を受けない細胞なので、今後は毛が細くなったり抜け落ちることがないと言われています。自分の細胞なので拒絶反応もなく、定着すれば耐久性という問題もなく、生涯にわたって髪の毛は生え替わり、伸び続けるようになります。とても良い方法なのですが、移植直後のアフターケアについては気をつけなければいけない点があります。まず、自毛植毛は移植するためにドナーと呼ばれる自分の髪の毛を採取するのですが、1本や数本程度ではなく、広範囲にわたってざっくりと切り取ることになります。この方法をFUT法と呼び、例えば後頭部で上下1cm前後、横幅が20cmくらいの帯状でメスを使って切り取ります。採取したドナーは細胞ごとに株で分けられ、次に移植する頭皮にメスで切り込みを入れ、田んぼで苗を植えるように株を入れていきます。切り取った後頭部は縫い合わせ、移植した部分はそのままとなるので、傷口はしばらく塞がることはありません。そのため、手術したその日にお風呂に入って髪を洗うことはできず、48時間以上を経過しないと濡らすことも禁止されています。1週間もすればある程度は移植した髪の毛も定着してくるので、お湯で流すことはできますが、刺激性のあるシャンプーなどを頭皮につけるのは注意しなくてはいけません。術後2週間もすれば以前のようにシャンプーすることもできるので、その後は通常通りで問題はないでしょう。手術からおよそ2週間は、移植した髪の毛が定着するために必要な期間なので、この間に頭を掻いたりヘアスタイルを変更したり整髪剤などを使うと、植えた髪の毛の方向がズレたり抜け落ちる可能性があるので、アフターケアには気をつける必要があります。1ヶ月もすると完全に癒着して自分の頭皮の一部となるので、その後はヘアスタイルを自由に変更することができます。自分の髪の毛なので、増毛みたいなメンテナンスも不要となり、散髪も自由にできるようになります。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

自毛植毛後のアフターケアについて関連ページ